妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリー・サンプルをゲットする 

こちらでは登録をすると、出産予定日前に粉ミルクや哺乳瓶などの無料サンプルが送られてくるシステムがあります。

最初は個人情報が漏れ、後からJunkメールや勧誘の電話があるのでは?と登録する気になれなかった私ですが、粉ミルク(店頭で売っているものと全く同じで、一番小さいサイズ)欲しさに申し込んでしまいました。結構、高いので買うとバカにならないんですよ。

結果、今のところ心配していたJunkメールもなく、様々な無料サンプルの他におむつの割引券なども送られてきて、なかなか使える!!

興味のある方は下のサイトから(自己責任で)申し込んでみてください。↓↓↓

Canadian Mother Resource

Nestle

産後に登録可能なのが、スーパーのSave on Foodsの無料サンプル。

店内に備え付けてある専用用紙に記入し、会員カード(無料)と出生証明とともに出せば、その場でサンプルの入ったBaby Bagがもらえます。

なかなかこのスーパーに行く機会がないので、私はまだもらっていませんが、こちらも活用できそうな内容のようです。

スポンサーサイト

妊娠が判明したら 

日本だと妊娠がわかれば、自分で直接、産婦人科へ行けばいいのですが、こちらは、まず最初にファミリー・ドクター(一般医)へ行きます。ファミリードクターがいない人は予約なしで飛び込みで行けるウォーク・イン・クリニックのドクターに診てもらいます。

その後、産婦人科のドクターへ廻してもらう、、、、、とは簡単にいきません。

簡単にいくこともありますが、問題のない妊婦さんは臨月近くまでファミリー・ドクターが診るというケースもこちらでは少なくありません。

「問題がないから産科医=専門医に診てもらわなくてもいい」

問題がないのは嬉しいけど、でもそうはいっても初めての妊娠、しかも海外でということで、なかなか産科医のドクターにみてもらえないのは何だか不安になりますよね。

しかもこちらでは超音波(ウルトラ・サウンド)もなかなか撮ってくれないし。通常、1~3回。

なので、こちらでは未だに生まれるまで赤ちゃんの性別がわからない!というカップルも意外と多いんです。

マイナス面ばかり目についてしまいますが、カナダの医療制度でいいこともあります。

州の医療保険(Medical Services Plan、略してMSP)に加入していれば、出産にかかる費用は全て無料です。(但し、個室を希望した場合などは差額を払う必要があり)

とにかくカナダで出産すると決めたからには、日本と比べての不便さ、おおざっぱさには腹をくくる必要があるかも。

妊娠はある日、突然に 

子供がとっても欲しかったので、ちょっとでも生理が遅れるとネット(私は某大手オークションサイトでカナダの出品者をわざわざ選んで購入していました。これは関税を取られないため)で大量に買った安い妊娠検査キットで試しては、毎月のように撃沈していた私。

もう不妊外来の扉を叩かないとダメかな?と思っていた年の暮れ、心機一転(?!)で、今まで1度も行ったことのない日本のお寺に初詣へ行くことにしました。

本当は除夜の鐘をたたくために早くから並びたかったのですが、風邪を引いてしまい、断念。とりあえずカウントダウンだけはお寺でしたく、配偶者とともに向かったのでした。

案の定、小さなお寺の敷地には、人、人、人!

そこで何と妊婦の友人にばったりと会ったのでした!

彼女のお腹を触らせてもらい、妊娠祈願をした私。

幸先がいいなぁ~。と車のなかで、ほっこりと笑ったのを今でも覚えています。

そしてそれが良かったのか、その2ヶ月後にやっとめでたく妊娠することができたのです。

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。