妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無事に戻って参りました!! 

ご報告が遅くなりましたが、先週、無事に日本より戻って参りました~!


「無事」には戻ってきたのですが、「元気」には戻って来れなかった私。息子たち2人は、おかげさまでもりもり元気でございます。


実は日本で1度、カナダに戻ってから1度、私が救急病院のお世話になってしまったのです。日本では初めて救急車に乗りました。


原因は、 「 疲 労 」


日本では毎週のように点滴を受けて、なんとか生きながらえておりました。



こうなると、 「 過 労 」 と書いてもいいのかもしれません。


数年ぶりの日本、楽しかったです。でも、疲れました。。。。。



説明すると長くなるので、このこでは端折りますが、とにかく今までにこんなに疲れたことないかもってくらい疲れました。カナダに戻ってからも、5日もずーっとほとんどベッドから起き上がれず、救急病院で点滴をしてもらってなんとか起き上がれたような具合です。


おかげさまで、今はネットをする元気が出てくるまで、かなり回復しています。


もっと体力&体調が回復してから、日記の更新&個々へのご連絡を差し上げたいと思っていますので、メールの返事などは気長に待っていていただけると幸いです。
スポンサーサイト
[ 2012/05/29 20:50 ] 日本滞在記 2008年 | トラックバック(-) | CM(4)

日本一時帰国 <ストローラー編> 

日本へ持って行くストローラーについて、かなり悩んだ私。。。。

それというのも、こちらで通常使っていたストローラーでは、

「でかい!重い!」

というのがわかっていたから。

最初は、日本の友達に頼んでわざわざ持って来てもらったこれを持っていくつもりだったのですが、まだ7ヶ月の息子には、まだちとでかい&寝てしまったときの体勢が辛そう。

それならば!と、日本ではダスキンで日本製の軽くてコンパクトなストローラーが1ヶ月3,000円くらいで借りれると友達から聞いていたので、それを借りればいいや♪と気楽に考えていたのですが、出発の日が近づくに連れて、だんだん不安に。。。。。。

というのも、私は腰痛持ち。。。。自称、ガラスの腰(=すぐくだける)なもんだから、日本に着いてストローラーを借りるまで、日に日に重くなっている息子をずっと抱っこかいっ!って、びびり始めたんですね。たとえ抱っこ紐の助けを借りるにしろ、空港~機内、機内~日本の家、家~レンタル屋までの移動を考えるただけで憂鬱に。。。。そしてそれが帰りにも発生するわけで。

たまたま泊まりに来ていた義母に相談すると、「私が買ってあげるから、こっちで小さなストローラーを買っていきなさい!」と、すぐさま新しいストローラーを買いに行くことに。結局、軽くて小さくて安い「アンブレラ・ストローラー」を買うことにしました。(一応、会計のときに遠慮して、私が払いますと言ったら、そのまま私が払うことに。あれ?!)

私が買ったのとはデザインは違いますが、こんなやつです。ノーブランドの物だと、大体$20前後で買えます。

Stroller.jpg

難点はこれもリクライニング機能がないことと、あまり荷物が積めないこと。まだ7ヶ月の息子は寝てしまうと、首ががっくんと折れてしまい、見ていてちょっとかわいそうでした。荷物は私がバックパックみたいなのを背負うことで解決。いや~、日本ではどうしても移動中に買い物しちゃうから、とにかく手持ちの荷物を少なく持ち歩かないと、このストローラーでは厳しかったです。

でも結果としては、義母の意見を聞き入れて、これを持って行って、
大正解!

(最悪、捨てて帰ってきてもいいと思って持って行きました)

息子とともに良い旅の友となり、どこへ行くにもこれに息子を乗せて、歩き回ってきました。

エスカレーターやエレベーターがない(つまり階段)ところでは、息子を乗せたまま、持ち上げて上ったり、下りたりしたもんです。でもストローラー自体が2キロちょいだったし、なんせ小さかったので、腰痛持ちの私でも割と楽勝でした。

幸いなことに旅行中、息子がストローラーに乗ることを全く嫌がらなかったので、本当に助かりました。そんなわけで、念のため持っていった抱っこ紐もほとんど使わずじまいでした。

[ 2008/11/24 11:15 ] 日本滞在記 2008年 | トラックバック(-) | CM(1)

赤ちゃんとの一時帰国の時期 

ふとカテゴリーをみたら、「赤ちゃんと日本!」なんていうのを作っておきながら、ほとんど日本での旅行について書いてないことに気が付き、記憶がこれ以上、薄れないうちに少し書いておこうという気になりました。

えーと我が家の場合、諸々の事情があり、息子が7~8ヶ月のときに日本へ一時帰国し、3週間半ほど滞在しました。実家のある関東に主に滞在しつつ、親孝行も兼ねて母を連れて、3泊4日で初めて沖縄へも行って来ました。

今回、帰ってみて「赤ちゃんの月齢が低ければ低いほど楽!」

というのは、本当だと思いました!特に14ヶ月になった息子と比べて、心から早く帰っておいて良かった~と思います。ハイハイでもこんなに動かれちゃ、飛行機の中も思いやられるし(←すんごい腕白&悪ガキ)、大きな声を出すし、昼寝の回数も少なくなり、また寝る時間も短くなってきているので、余計にそう感じます。

でも各家庭、それこそ諸々の事情があるので、月齢が高くなってからでしか帰れない人もいると思うんです。そうしたら、そうしたらで最悪のシチューエーションを覚悟して、腹を括って帰ってください。おどすみたいで悪いのですが、「どうなることやら~」って思って帰って、別にそれほどでもなかった!というのなら、それでいいじゃないですか!逆にいらぬ高を括って、中途半端な覚悟で、「こんなはずではなかったぁ~」になるよりよっぽどいいと思うのです。

それに1回目の里帰りなら、月齢がなるべく低いうちに!って出来るけど、子どもがこれからどんどん大きくなるにしたがい、そんなことも言ってられなくなるし。魔の2歳児や3歳児になったら、その時の帰国はどうするんだ?!って感じですよね。

自分プラス誰か(配偶者や親や友達)が一緒のフライトだと、大変さも半減すると思うので、出来れば一緒に行きも帰りも同じフライトに乗れるのが私の理想。

その他にも色々とテクニックがあるようなので、先輩ママさんのお話を聞いてから行くのが一番良いと思います。たまの里帰り、チビちゃん連れでも快適に楽しく長い飛行機での移動時間を過ごしたいですよね。、、、、ってなんかキャラが変わったような日記で、今日はドロン!
[ 2008/11/21 15:57 ] 日本滞在記 2008年 | トラックバック(-) | CM(4)

ホルマリンとベビー服 

日本へ行ったときに私が見かけた赤ちゃんの服は、ほとんど全てビニールの袋入り。しかも必ず「ホルマリン移染防止のため、袋から出さないで」という表示がありました。

「なぬ?ホルマリン??」 カナダでは思いっきり聞きなれない言葉。そもそもホルマリン自体に良いイメージないぞ!(理科実験室の標本。。。。きゃ~!!)

?と思いつつ、カナダへ帰ってきてからネットで調べてみたところ、

ホルマリンは形態安定(防縮・防しわ・風合い安定)や染料を定着させる目的で使われる化学物質で、衣類に使われると皮膚や目・鼻・のどの粘膜を刺激し、湿疹・かぶれ・はれ・眼炎・咳・疾の症状が出たり、ひどい場合には血液系統や肝機能障害を起こすことさえあるのだとか。

そのため、日本の法律では生後24ヶ月以下の赤ちゃんの衣服からは検出されてはいけないことになっているそうです。

しかし、売場でほかの衣類からうつることもあるため、ベビー服は1つ1つていねいに袋に入れられ(袋が無駄だなぁ~と痛切に思うのですが、仕方ないようですね)、ホルマリンがつかないように「袋から出さないで」という表示がしてあるのだと納得!

さてこういった服、皆さんは子供に着せる前に洗いますか?洗いませんか?

服はいくつもの工程を経ているので、きれいそうに見えても私は1度洗ってから着せるようにしています。
[ 2008/06/18 14:28 ] 日本滞在記 2008年 | トラックバック(-) | CM(2)

赤ちゃんとおでかけ <荷物リスト> 

荷物リスト

・紙オムツ2~3枚、お尻拭き、ビニール袋、おむつ換えシート
・小分けした粉ミルク、哺乳瓶、お湯の入った500mlのポット
・子供用のスプーン
・赤ちゃんせんべいを入れた容器
・タオルハンカチ、ガーゼのハンカチ、ティッシュ
・子供の着替え(かさばらないもの上下1枚ずつ)
・予備のよだれかけ1~2枚
・小さなおもちゃ
・デジカメ、予備の電池
・抱っこひも
・エコバッグ
・マイ・カップ(350mlのサーモスを愛用中)
・自分の財布、カード入れ、家の鍵、携帯電話

使っているバッグ ー 長いことショルダー・バッグを愛用してましたが、母乳から粉ミルク(哺乳瓶)へ移行し、おやつも持ち歩くようになったため、両手が空き、尚且つ沢山入るバックパックをただいま愛用中。

外出先、外出時間、天候、車の有無によって、荷物の内容は多少異なりますが、上記がほぼ私のマストアイテムですね。
[ 2008/06/17 22:07 ] 日本滞在記 2008年 | トラックバック(-) | CM(0)
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。