妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新学期が始まりました! 

またまたろくに更新しないうちに、新しい月になってしまった!


9月。


そう、カナダでは新学期。息子は 小学一年生 になりました!!


夏休み、短かったなぁ。あっという間に終わってしまった。ダラダラできる朝、私には天国だったよなぁ。な~~んてぼやきつつも、早く頭を切り替え、またまた 長時間送迎 がんばらねばっ!!


長時間送迎に関する以前の記事は、こちらをお読みください


、、、と思っていたところ、なんと家から近い学校に



転校できることにっ!!!



うううっ、いまだに信じられないっ!!でもすでに新しい学校に通い始めた息子。ゆ、夢じゃないのね~~~~っ!!と喜びをかみ締める毎日です。


なんと、送迎時間が以前の約半分以下になりましたっ!!そのため、ストレスもかなり軽減され、家を出る前の憂鬱さが減りました。気合も減ってて、近いのに遅れそうになるという事態をすでに何回も招いております

おかげさまで息子も新しい学校にすぐに慣れたようで、今のところ嫌がらず、泣かずに通ってくれています。すぐに休み時間に遊ぶ友達も出来たようで、毎日、楽しそうに学校であったことを(きけば)話してくれます。


何度でも書いちゃうけど、いや~~、今までより30分も家を出る時間が遅いのって、最高ですねっ!!


新しい学校で息子同様、私も友達が出来るといいなぁなんて、思っていますが、どうなることやら?!


まずは親子で新しい学校に慣れるのが先決だな。


7年生まで通う、こちらでの小学校(市によって異なる)。末永く、どうぞよろしく!!






スポンサーサイト
[ 2013/09/11 07:20 ] 息子 | トラックバック(-) | CM(2)

ちょっと感慨深かったこと 

いや~、日本語オンリーで育てていても、やっぱり学校へ行き始めると自然と英語が身に付くものですなぁ。ありがたいことにまだ日本語が強いですが、それでも9月の入園当初に比べてぐんと英語力があがった息子(長男)。私とは相変わらず日本語なので上達ぶりがいまいちよくわからないのですが、英語が母国語の配偶者が言うのだからそうなのでしょう。


但し、ついこの間まで、


アイ ハングリー (I hungry) = お腹すいた


って言っていたけどね。



かあちゃん、ちょっとずっこけたよ。もちろん配偶者にちゃんと正すように言っておきました


ええ、私は英語なんて教えられません。その代わり日本語をがんばらせて頂きます。


カナダに住みながらにして、いつまで日本語学習と日本語学校に嫌がらずに行ってくれるかわかりませんが、日本語は最低でも日本人との会話に不自由がないくらいにキープさせるのが目標。読み書きはどこまでがんばってもらうか、ただいま考え中。


まだ下の子が英語を話さないおかげでなんとか家での会話は日本語というのを保てていますが、来年の秋に次男坊も学校へ行き始めたら、兄弟間では英語での会話になってしまうんだろうな。


そんな英語をバリバリ吸収成長中の息子が、この間、鼻歌で


ウル●ラの父がいる~~、ウル●ラの母がいる~~♪



と歌っているのをきいたときには、かあちゃんちょっと感慨深かった。目頭が思わず熱くなりそうなほどにっ!!


ただいまウル●ラマンにはまっている我がちびっこたち。



YouTu●eか何かで観たウル●ラマンの歌をことあるごとに口ずさんでいるのです。



たったそれだけのことなんだけど、海外で子育てしてて自分が幼少のころに観たTV番組を自分のこどもたちも観ていて、その懐かしの主題歌を歌っているってなんかいいです。


それが本当に今の短い期間限定だけだと思うと余計に感無量というか。


(日本語しか話せなかったこどもたちが現地の学校に行くようになってから、日本語より英語が強くなったという話はたくさ~~んきいているので、うちも近い将来確実にそうなると思っています。英語環境で育つのだからそれが当然で自然のことだし、逆にそうでないと困るんだけど)


さ~て、次にはまるのは、ポケ●ンか仮面●イダーか??


[ 2013/06/03 18:28 ] 息子 | トラックバック(-) | CM(4)

いじめ防止デー 

今年の2月27日(水)は Pink Shirt Day でした。


月初めにキンダーからこの日にピンクのシャツを着て来てとお知らせがあり、最初は「??」だったのですが後日になって「いじめ防止・撲滅キャンペーンデー」ということが判明。


すぐにピンクのシャツを買い求めました。
この日以外に着る機会はないだろうと、$6の激安半そでTシャツにしました。もちろん来年も着れる大きめサイズ!


このキャンペーンの発端について詳しく知りたい方は こちら をどうぞ。長文ですが日本語で詳しく書かれています。


男の子はあまりピンクを着て来ないかな?と思い当日登校しましたが、なんのなんのクラスメートのほとんどは ピンク! 女の子は普段着そのままなのか、この日のためなのかわからないけど、もちろん ピンク! (多数)でございました。


バンクーバー近郊でも少し前にいじめを苦にして自殺した10代の女の子がいたので、とっても良い試みだと思います。


将来、息子たちにはいじめる側にもいじめられる側にもなって欲しくない。

私自身には当時はいじめと自覚してなかった(←ある意味とてもひどい)いじめの経験と、いじめられた経験の両方があります。いじめられたと言っても、その当時はクラスのほとんどの女の子が日替わりで男子のいじめのターゲットになるというものだったのでそんな根強いいじめではなかったのですが、それでもやはりされる方は良い気持ちはしませんよね。

そしていじめた思い出は今も苦い記憶として残っています。。。。(この話は長くなるので今日はここまでにします)



広がれ!いじめ防止・撲滅キャンペーン!


いじめは決してかっこいいことではなく、度が過ぎれば尊い命を奪ってしまうかもしれないのだということを今いじめをしているこどもたちの意識に浸透しますように。


それこそいくらでも気に入らない子や合わない子はいるでしょう。でも弱いものいじめはするな!

そして大人の私たちも見て見ぬふりや関わり合いになりたくない、面倒なんて思わず、もしもいじめをしている、もしくはされている子に気づいたら手を差し延べよう。私も過去の経験を踏まえ、そういう心構えをこれからもちゃんと持ち続けたいです。



[ 2013/03/01 11:12 ] 息子 | トラックバック(-) | CM(0)

キンダーの冬祭り 

先月の話になりますが、息子(長男)のキンダーで学校をあげてのお祭りがあったので、ボランティアとしてお手伝いしてきました。

私に振り当てられたお役目は何と「フェイスペイント」!!


高校時代、美術を専攻したこともあったとはいえ、筆を握らぬこと20年の腕も勘も(?!)鈍りまくりのこの私に絵を描けとっ??


ふふっ、やってやろうじゃないのーーーーーーーーーーーーーっ!!


どうせ顔にペンギンやら蝶々やらを描けばいいんでしょ??



、、、、、、と思っていたら甘かった!!だって生徒はキンダーだけじゃないんだもんね。渡された見本にはカナックス(バンクーバーのホッケーチーム)のロゴや顔全体に描く妖精の絵などアーティスト級(?!)のイラストがっ!!


ほんで、試しに自分の手に描いた絵がこちらっ!! (このキャラの名前が思い出せない)

048.jpg


遠くから見れば、 OK の出来よね??


こちらの方は難しいカナックスのロゴを顔に描いています。

047.jpg


いやー、なんというか、まず顔より手に描くほうが簡単!そして回数を重ねる毎に筆も乗ってくるというか慣れてくるというか度胸がついてきて、上手に描けた気がします。


一番最初に来た息子のキンダークラスなんて、かわいそうだったかも。私以外にも初めてっていうお母さんが沢山いて、皆、筆が震えて、額に汗して描いてましたわ。でもキンダーだったから許されたレベルでちょうど良かったかも??


もちろん中には本業がメイクアップアーティストなんていうお母様もおり、さすがに難しい図案のリクエストは彼女が一手に引き受けてさばいてくれてましたわ。


フェイスペイント以外にもマスクを作ったり、バスボム(バスソルト)を作ったり、ホッケーをしたりといくつものイベントとゲームが用意されており、この日一日はお勉強一切なし!お祭りを楽しむのみ!!でこどもたちもとても楽しそうでした。





[ 2013/02/16 13:14 ] 息子 | トラックバック(-) | CM(2)

スケートの課外授業(遠足) 

ハロウィンの時のパンプキンパッチ(かぼちゃ拾い)に続き、キンダー2度目の遠足(課外授業)はスケート。私も引率兼運転手として参加してきました。


この日の持ち物リストは

手袋
防水パンツ(ズボン)
ヘルメット(リンクにてレンタル可。無料)
スケート靴(リンクにてレンタル可。有料)
ポケットに入るスナック


入場料$2(安いねー)とレンタル代は予め徴収されていたため、当日お金の集金などのゴタゴタはなくスムーズに入場。


DSC_0943.jpg
なんかイマイチな写真ですが、全体図がわかり、個々の顔が認識できないような写真(ぼかしを入れるのが面倒)がこれしかなかったもので。


日本にも写真に青く写っている転ばないためのこんなサポーター(Walkerと呼ぶらしい)ってあるのかな?? 私が小学生だか中学生だかに行ったスケート場にはこんなのはなかった

DSC_1036.jpg
我が息子も颯爽に(?!)スケーティング♪の図

これは今までに何度か取ったスケートレッスンの賜物!なんとかサポートなしで自力で滑っております。但し、転ぶ回数も半端なしっ!

息子は4歳からスケートのレッスンを公共のスケート場で取り始めたのですが、これは配偶者(カナダ人)から「学校に入るとスケートに行くことがあるから、滑れた方がいい!」ときいていたため習わせたのですが、それが功を奏しました。息子と同じように自分で滑れる子たちはちょっと得意そうにみえました。

なんとしても転ばないぞーーーーっ!!という気迫も感じられる子もいたりして、滑れない子は滑れない子同士で「きゃっ、きゃっ」言い合ってて、とってもかわいかったです。

引率者の何人かは同じようにスケート靴を履いて、こどもたちと一緒に滑っていました。



私??



おそらく滑れないため、カメラマンに徹しましたっ!はいっ。



いやー、さすがカナダ人と言いましょうか、ばっちり滑れる方ばかりで感心しました。滑らずにベンチで見学していたのは私のようなアジア人の父兄が圧倒的に多かった


さて今週もこれからボランティアが待ってます。


やっと体調が持ち直してきたので、がんばってやってきたいと思います!!







[ 2013/01/23 21:53 ] 息子 | トラックバック(-) | CM(0)
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。