妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カナダのスーパーでの出来事 

日本から戻り、初めてかも!っていうくらいひどい時差ボケを経験しました。5日目の今日にやっとマシになってきたので、近所のスーパー・マーケットへ買い物に行きました。

日本ではないシステムだと思うのですが(少なくとも私の知るかぎりない)、こちらのスーパーではその週のお買い得商品の下に値引きクーポンの束が置いてあり、そのクーポン1枚ちぎって該当商品と一緒にレジへもっていくとクーポンに提示してある金額が値引きされます。

今日、たまたま買う予定だった野菜の缶詰がクーポンで15セント(約15円)引きだったので、どうせ使うものだからと7缶購入しました。クーポンを7枚取りかけたのですが、クーポンの束の残りが少なかったので、私が7枚も取ったらなくなって次の人は使えなくなると思い、2枚だけでやめました。

私はこのクーポン1枚で7缶全部がそれぞれ15セント引きになるだろうとタカをくくっていたのですが、ダメでした。

会計が終わってレシートをチェックしたら2缶分(つまり出したクーポン2枚分のみ)しか値引きされていませんでした。もちろん買った7缶全部、値引き対象商品です。

思わずその足でカスタマー・サービスへ行こうかとも思ったのですが、あと5枚のクーポンを持ってこないとダメだ!って言われるのも面倒だったので、何もせずに帰りました。(しっかり値引きを主張しにいくこともあるのですが、こうやってめんどうがることもあり)

クーポンには1枚につき1缶とは書いてなかったんですが、これってやっぱり買った数だけのクーポンが必要なんでしょうか??

それとも単にレジの人の気が利かなかっただけ??


====

後日談: コメントをいただいたお友達の話から総合するに、やはりディスカウントを受けるためには買う個数分のクーポンが必要なようです。
スポンサーサイト
[ 2008/05/30 16:12 ] 日常のあんな、こんな | トラックバック(-) | CM(0)

JAL のファミリーサービスを利用してみて 

自分と友達の感想や体験談を合わせた上で、のっけから感想を言うと、やっぱりそのときのスタッフ、混み具合、ヘルプを必要とする人の数によって対応が違うんだなぁ~というのが感想です。

まずバンクーバー空港では、ゲートまでのヘルプは必要か?と聞かれたのですが、所定の時間に集まる必要があるらしく、私は見送りの人もいたし、時間の制約があるのが面倒だったため断りました。息子はこちらで購入したアンブレラ・ストローラーに乗せており、このストローラーもゲートまで利用する旨、また成田へ着いたら*すぐに使用したい*旨を伝えておきました。

*行き帰りとも、ストローラーは機外ですぐ使いたいというとそのように取り計らってくれます。そういわないと他の預け入れの荷物と一緒に、ターン・テーブルでの受け取りとなります。これも機内の混み具合によっては、預け入れ荷物の方へ一緒に預けてくれと言われることがあるようです。

バンクーバー空港では特にサービスはなく、さてさていよいよ機内。

チェックイン時に聞いたときの空き具合は空席100席ほど。3/4が埋まっている状態。
この日は我が家を含め、なんと8人もの赤ちゃんがいたとか

話は前後しますが、そのためかどうかわかりませんが、チェックインのときに座席の変更をやんわりと勧められました。当初、ベビー・ベッド(バシネット)を予約してあったのですが、悩んだ末に変更を承知し、4人掛けの席を使わせてもらうことになりました。

離陸してシートベルト着用のサインが消えるまで席のない2歳以下の子供は、親のひざの上で抱っこしていなければなりませんが、その後は自分が通路側に座り、内側の2席の肘掛けをあげ、そこに子供を寝かすことができました。息子が飽きてきたら、左右をブランケットで固め、背もたれによりかからせて、お座りさせて遊ばせることもできたので、結果、大満足の座席変更でした。

行き帰りの機内のどちらでも、おもちゃ1つとかわいいポーチに入った離乳食のセット(要事前予約)をもらいました。やったね!

IMG_6839_convert_20080602042715.jpg

(個人的には写真手前に写っている、飛行機の形をしたスプーンが一番嬉しかった。お気に入りで毎日、使っている)

おむつはリクエストしてあったのですが、行きの便ではもらえず、帰りの成田からのフライトでは着席した途端、フライト・アテンダントの方がおむつ2枚(私のときはGENKIのおむつ)入った袋を持ってきてくれました。

友達から聞いていた、フライト・アテンダント同士が連絡を取り合って、オムツ替えの台のあるトイレの空き状況チェック、トイレまでの誘導というのは、行きも帰りもなし。その代わり、こちらの利用に気がつくと、さっとトイレのドアを開けて、ベッドを出してくださった方も!

帰りの便は満席に近かったので、やむをえなかったかも。しかも行き同様、かなりの数の赤ちゃんが同じ便に乗っていました。空港勤務の友人によると最近はこちら発の便より、日本からの便が断然、混んでいるとのこと。なぜなんだろう??

成田へ着いてからは、ストローラーが出てくる都合上、一番最後に降りることに。既に数名のスタッフと同じようにファミリー・サービスを受けている方々が待っていました。このときは我が家を含め、3組の子連れと、スタッフが2名。私の預け入れの荷物が、どでかいダンボールとスーツケースだったため、スタッフの1人が到着出口を出た先にある宅配所までカートを押してきてくれました。

機内持ち込みにした大きなリュックをしょって、息子を乗せたストローラーを押すだけで精一杯だった私にはこのサービスが一番嬉しかったです。
[ 2008/05/30 11:13 ] 日本滞在記 2008年 | トラックバック(-) | CM(2)

最近の息子の発育状況 

日本にいる間に7ヶ月半~8ヶ月になり、今は8ヶ月半になった息子。

未だに寝返り上達せず。

仰向けからうつぶせにはなるのですが、そこから戻ることができない。全くしなくはないのですが、トレーニングをさせてもずっと前からうつぶせ状態が嫌いで、ぐずったりワーワーと泣き出すため、成功率はかなり低い。(はい、泣かれるとすぐに抱き上げてしまう甘い私です)

寝返り自体もそう頻繁にしない気が。。。。

8ヶ月半でまだ1人でソファに寝かせておけるのって、あまりないのでは?!

更にまだ1人でお座りができません。

毎日少しずつ私がそばについてトレーニングしているので、最初のぐんにゃり座りからは上達(?!)して、背筋をしゃんと伸ばして私の補助ありで座れるようにはなったのですが、まだすぐに横へ倒れたり、自分の手を使って座ることができません。

ずりばいや、はいはいもしないし、つかまりだちもしません。

歯は下が2本で、今、上の歯が1本でてきています。

いつかすぐに出来るだろうと思っているので、私も配偶者も気にしていません。
(8ヶ月だと他の子の発育はどうなのかな?って気になって雑誌とか読んで比較をしたりはしますが)

気にしてないつもりなんですが、他の人に「この子(の発育)、大丈夫?」って思われてるのでは?と疑心暗鬼してしまう自分が嫌なんです。

我ながら困った性格です。なんとかならないかねー、まったく。

世間体は気にしないといいながら、思いっきり気になるタイプなのかも。(←と自己分析)

でもなぜ敢えてこんな公の場に書いたかというと、他にも同じように発育が遅くて悩んでいる人や不安に思っている人がいたら、「あ、ここにもいた!別におかしくないんだ」って安心してもらえたらという思いで書きました。

発育は個人差が大きいので、皆がみんな同じように出来るわけじゃない。でもその子が元気に育っていてくれたらそれでいいじゃない。

幸い大事にはいたらなかったのですが、最近になって息子が初めて熱を出したときに心の底からそう思いました。病気の子供をみることくらい辛いことはここしばらくなかったので、小さなことや自分ではどうにも出来ないことに、いちいち悩んだり不安に思っている場合じゃないなって改めて思いました。

そんな暇があったら、もっと息子に向き合って、もっといっぱい楽しい時間を作ってあげたいと思いました。
[ 2008/05/29 21:46 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(2)

日本から戻ってきました 

1ヶ月近くの日本への里帰りで、すっかり放置してしまったこのブログ。

ただいま未だかつてない時差ボケに悩まされています。
いえ、仕事もしてない身なので、悩んではないな~。翻弄されていると書くべきか。

息子も私に負けず劣らずの時差ボケまっしぐら!です。

[ 2008/05/27 20:48 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)
カレンダー(月別)
04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。