妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【2人目妊娠】 <9週目> 

実は前の妊娠は、トラブル続き。。。。。

そして今度の妊娠も、妊娠がわかり次第すぐに専門医(スペシャリスト)に会っている。というのも前回、出産の後に会ったときに「次、妊娠したらすぐに会いに来て」と釘をさされたからである。

私は産道に当たる子宮頸管が、妊娠してなくても短いのだ。

前回は妊娠途中で短いことがわかり、その途端にドクターストップがかかり、仕事も辞めざるを得なかった。出産後に長さを測ったら、もともと短いことがわかり、次を妊娠したときは要相談とあいなったわけです。

産道が短い=早産の恐れ

というわけで、何か対策を講じないと、かなりマズイわけです。(しかも前回は、これ以外にもトラブルがあった)

今回は上に子供がいることもあり、子宮口を縫う(頸管縫宿術)ことを薦められました。縫わないで自宅安静だけでも大丈夫かもしれない。この選択は、専門医から私たち夫婦に任されたのでした。。。。

う~ん、どうしよう。

念のため、ファミリードクター(担当医)の意見も聞いてみたが、ドクターは「(縫うことは)悪い選択じゃないと思う」と言われた。

縫うのに全く何のリスクもなければ、悩まずに受けるのですが、縫うことによって子宮収縮が起こり、流産になる可能性があるため、迷わずにはいられない。。。。

もうすぐ歩きそうなと~っても活発な息子もいるし、たとえドクターに自宅安静を言い渡されても、なかなか安静になってしてられないだろうし、それなら縫って少しでも不安や心配を取り除いた方がいいのかも。。。。。
スポンサーサイト
[ 2008/10/19 09:15 ] 【2人目妊娠のお話】 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。