妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミミズのコンポスト 

【注意】食事中や虫、ミミズが嫌いな人はこれ以上、読まないでください!

地球に優しい暮らしの手始めに庭でコンポストを始めました。コンポスト内にミミズを飼って生ゴミを食べさせ、土に替えさせることで、生ゴミを減らすことが目的です。また出来た堆肥で野菜作りが出来れば一石二鳥です。

まずはミミズの調達から。実は我が家はコンポストを庭の土の上に置きっぱなしで何もしませんでした。時々、ガーデニングの際に見つけたミミズをコンポストへお引越し(強制移動ともいう)させただけ。(私はミミズを直に触れないので、ガーデニング用の手袋は必須。)

なんでも条件さえ整えてやれば、ミミズはものすごいスピードで繁殖するそうで、自然の摂理に任せております。増えすぎるのでは?と心配しましたが、なんでも食べ物とスペースが限られているのでそうはならないそうです。 上手く出来てますよね。

勉強のためにあるコンポストのHPをみていて、へぇーっと思ったのが、私はミミズが生ゴミを直接、食べているのだと思っていたのですが、実際はその前にまず微生物が生ゴミを処理し、柔らかくし、その後にミミズの出番となるそうです。

肉や魚は悪臭の原因になり、より多くのハエが来るので(コンポストにはミミズだけでなくハエも寄ってきます)、我が家では野菜クズ、果物の皮、卵の殻、コーヒーのカスなどしか入れてません。我が家の生ゴミのダントツはロメインレタスの芯と小口ネギの根っこの部分です。(がーん!これを書いた後でみかんの皮、ネギと玉ねぎは捨てちゃダメとかいてある別のサイトを発見。今日から止めよう。。。。)

この他にも排水に気をつけるだとか色々と注意点はあるようですが、我が家は至ってシンプル。生ゴミがでたら、2~4日に1度の割合でまとめてコンポストに入れて、時々、底の方からミミズを傷つけないようにやさしく掘り起こしてかき混ぜているだけ。それでも下の方に土らしきものがどんどん溜まってきているので、こんなアバウトな飼育でも何とかなっているようです。我が家のミミズの生命力と適応能力に感謝、感嘆。

あとは出来上がった土(ミミズの糞ともいう)を収穫(?)するだけ。取り出すときにミミズがどひゃー!と出てきたら失神しそうなので、これは連れ合いにやってもらうしかなさそう。とりあえずどんな感じになっているのか興味があるので、連れ合いの後ろから恐る恐る覗き込んでみようかな。
スポンサーサイト
[ 2005/03/31 14:42 ] 小っちゃなエコ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。