妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Day Light Saving 

が、始まりましたね!

たった1時間とはいえ、この時差をどう乗り切るか、小さな子供がいる親にとっては、ちょっとしたチャレンジです。

例えば、今まで夜8時に寝ていたのが、9時になり、6時の起床が7時になるわけですから、我が家のように、デイケアへ通う都合上、スケジュールどおりに寝起きてもらいたい家庭では、たかが1時間、されど1時間なのです。

まだ初日なので、どうなるかはわかりませんが、とりあえず、初日の夜の寝かしつけはいつもどおりに8時に成功!

ラッキーなことに今日は午後のお昼寝をしなかったので、早くから「眠たいモード」に入ってくれたため、すんなりと上手くいきました。さぁ~て、明日の朝は何時に起きてくるかな??

====

昨日、配偶者が生まれて初めてのヘア・カット(4才頃に自分で自分の髪を切ってしまったことを除く)をして息子の髪を切ってくれました。初めてには、なかなか上手に出来、これには本人も私もビックリ!!駄目ならすぐに美容院へ連れて行けばいいやー、なんならバリカンで丸刈りにするか?なんて言っていたのですが、いやー、なかなかの出来ですよ。絶対、私がやるより上手いと思う。

(、、、と言っても所詮、素人の仕事。息子の髪を見ても笑わないでくださいねー)

カットした本人もちょっと満足(自慢?)気で、これから練習を積んでいけば、しばらくは子供の美容院代がセーブできそうです。

====

<<最近の息子>>

お椀を両手で持って、お味噌汁を飲むようになりました。
更にスプーンで上手にすくって飲めるようにもなりました。

お箸はとりあえず、子供用のトレーニング箸を持たせてみました。
さすがにまだ指はここ!といってまで、教えていませんが、本人の好きなように
握らせて、使わせております。(まずはお箸に親しんでもらうことからね♪)


もっとあったはずなのに、すぐに忘れてしまう。。。。。
目撃したときには「あ、これブログに書かなきゃ!」って思うんだけど、PCに向かうまでに時間が空くともう駄目。何も思い出せない。我ながら、スカスカ頭。。。。
スポンサーサイト
[ 2009/03/08 20:14 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(2)
当日まで気付かなかった、夏時間...。
そう、自分たちは良いとしても、子供をAdjustさせるのが大変かも。

我が家は3人揃って夏時間の人たちなのでノープロブレムでした(笑)。
でもね、冬の間は昼ごはんが11時、夜ごはんが5時、娘の寝る時間が7時だったのです。これでやっと人並みの生活が送れるっ!

配偶者さん、ヘアカットしてくれるなんて良いねー。うちも上手なら自分で切りたいんだけど(切ってますけどね、汗)、前髪なんか左右を揃えようとしているうちにどんどん短くなって、最悪のときなんか前髪が前方に45度状態だったから(苦笑)。

息子くん、どんな感じになったか見てみたいなー。
[ 2009/03/09 13:38 ] [ 編集 ]
ぱぺらさん

いやー、ずっと夏時間のスケジュールだったというのには、驚きです!
我が家はラッキーにも2晩とも20時には寝て、朝は6時半と、
時間が変わる前と同じスケジュールで寝起きしてくれています。
(但し、その分、いつも2回の昼寝が1回だけ)

前髪が一番、難しいですよね。一番、よく目がいくところだし。

また機会があったら、息子に会ってやってくださいねー!
[ 2009/03/09 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。