妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次男坊の出産ストーリー ② 

帝王切開が決まる前に配偶者は息子(長男)を連れて、1度、家へ帰ることに。とてもではないが、息子がいては出産に立ち会えないので、義理の妹を夜中に叩き起こし(ごめんねぇ)、家に来て、息子と一緒にいてもらうことに。

これにはものすごく助かりました!本当は隣のR市に住む、家族ぐるみのおつきあいのある隠居されているご夫婦に頼むはずだったのですが、何度かけても

電話が繋がらない!

というハプニングがあり、断念。(後日わかったことですが、寝室のある2階の電話機が壊れていたのだそう)

いやー、でも義理の妹というバック・アップがあって本当に良かった。(実は彼女の存在をすっかり忘れていた私)

ちょっと話は戻りますが、実は前回のお産で24時間、何も食べずにものすごい空腹を経験していたので、破水した時点で朝ごはんにするつもりだった小さなペイストリーを食べてから出かけたんですね。はい、思いっきり食い意地が張った奴なんですよ。こんな状況でも自分の腹が心配になるような。

それを看護婦さんへ言ったら、完全に消化し終わる8時(午前2時に食べたので、6時間後)にならないと手術はできないと言われてしまった。

念のため、麻酔師に確認してもらうと、少しだけなら大丈夫ということで、そのまま手術続行決定。担当の麻酔師もベッドまで来て、説明を受けるも、この麻酔師が今もって腹が立つ!!とにかく私が夜中の2時に飲食したことが非常識といわんばかりに、「へぇ~、驚き!そんな時間にご飯食べるの?」、「ねぇ、ねぇ聞いてよ。彼女、夜中の2時にご飯食べてから来たんだよ。すごいよね。」とかだれかれ構わず吹聴するではないかっ!!前回のお産で24時間以上、何も食べれなくて辛い思いをしたことを話したけど、それがどうしたっ!って感じだし。(え~、え~、そうでしょうとも。私よりひどい空腹を乗り越えて出産される方も沢山いますからね)

でも出産の経験のない、男のあんたに言われたくないっ!!
それも人を小馬鹿にしたような言い方で。

しかもこいつがまたとんでもない奴で。。。。(この話は次回)

とにかく手術すると決まったあとは早かった!すぐさま問答無用で、手術室へ移動される私。ふと脳裏によぎったのは、「あ~、また手術室で出産するのね、私」ってこと。(前回は吸引して生まれなかったら帝王切開と言われ、手術室へ移動し出産となった)

私は「あー、もう配偶者は間に合わんなぁ」とがっかりしていたところ、ぎりぎりセーフで配偶者が戻ってきた!!あとはまな板の鯉で、医師にお任せするだけ!のはずだったのだが。。。。

続く
スポンサーサイト
[ 2009/04/29 18:03 ] 【2人目出産のお話】 | トラックバック(-) | CM(9)
出産おめでとうございます。
改めて出産には、人それぞれのドラマがあることに感動です。

育ち盛り、やんちゃ盛りの子育ては体力勝負だと思いますが
ママの体調を一番に大切にしてくださいね。

[ 2009/04/29 21:33 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/04/29 21:55 ] [ 編集 ]
義理の妹さんに 上の子を預けることが出来てよかったですね!
こ~ゆう時に近所に身内や親しくしている方がいると助かりますよね。

私も次女出産の時は近所に住む親しくしている方を夜中に起こして
(ごめんね~)うちに来てもらい、上の子と一緒にいてもらいました。

とにかく 無事に出産できて ほんとよかったけど
しっかし その麻酔医むかつくね~。

だって出産には体力がいるからって 
陣痛が始まってから お母さんがおにぎり作ってくれて・・食べた
とかって話よく聞きますよ!!




[ 2009/04/30 07:42 ] [ 編集 ]
この麻酔師は酷い!

だって、帝王切開になるなんて最初から分からない事だし、普通、お産って前もって何か食べておかないと、体力的にかなりキツくなるものですよね。

私も破水した時点で思いっきりご飯を食べてから病院に行ったし、自宅待機になってから陣痛が始まる直前にも『天●』で思いっきりディナーセットを食べましたもん。

>出産の経験のない、男のあんたに言われたくないっ!

経験のない男だからこそそんな無神経な事が言えたのかもしれませんが、やっぱりその人の性格でしょうね・・・(だって、気遣いが出来る男性も山ほど居ると思いますし)。
お産の場で働いてるんだから、もっと妊婦さんの事を学んで欲しいですよね。
看護婦さんに話して、ちょっと注意をしてもらっても良かったかも?
[ 2009/04/30 20:16 ] [ 編集 ]
ものすごく、リアル感が伝わってくる
文章で、ドキドキしますょ。

ちなみに、私のお産の時は・・・
子供の心拍が高かったので(180)突然
産むことになり、その日はただの検査で
病院に行く予定だったので、朝から旦那が
作った大量の朝食を頂いてから、病院へ。

まさかその日にお産するとは
誰もが思っていたなかったし・・・
私もいつもより多めに何故か食べてしまったんだけど
病院で、帝王切開が決定した時、
朝から何を食べたか聞かれ・・・大恥でした^^;
ナースや麻酔師から「へ~、朝からそんなに
お腹すいてたの?!?!」って言われ
笑われましたょ。

とにかく、次男坊の出産ストーリー ②の続きが楽しみです。
でも、お体無理のないように!!



[ 2009/05/01 12:59 ] [ 編集 ]
となりのベラさん

亀よりものろいコメントへの返信で、ごめんね!

上の子がいての育児は、なかなか大変ですわー。
体力勝負と時間のやりくりをうまくしないと、ボロボロかも。。。
(特に私の年齢では)

また落ち着いた頃にでも会いたいですね。
[ 2009/05/07 12:47 ] [ 編集 ]
す~さん

超のんびりした返信になってしまい、ごめんなさい。

> 義理の妹さんに 上の子を預けることが出来てよかったですね!
> こ~ゆう時に近所に身内や親しくしている方がいると助かりますよね。

本当にそう!

> 私も次女出産の時は近所に住む親しくしている方を夜中に起こして
> (ごめんね~)うちに来てもらい、上の子と一緒にいてもらいました。

頼める人がいるというのは心強いよね。お互いさま!というのもあるから
また何かで恩返しできるといいよね。って、す~さんはもうちゃんと
してそうだけど。

> だって出産には体力がいるからって 
> 陣痛が始まってから お母さんがおにぎり作ってくれて・・食べた
> とかって話よく聞きますよ!!

見苦しい愚痴を聞いてもらって、どうもありがとう。
この人はまだあまり経験のない人だったのかも。。。。
[ 2009/05/08 10:56 ] [ 編集 ]
きゃびさん

超のんびりした返信になってしまい、ごめんなさい。

> 看護婦さんに話して、ちょっと注意をしてもらっても良かったかも?

ですかね??なんかそういう雰囲気でもなかったんで、むかつきながらも、ただただ黙っていたんですが。。。。これからこの人にあたる妊婦さんのことを思ったら、ちょっと言っておけばよかったかもと、今になって思います。今さら思っても遅いんですが。。。
[ 2009/05/08 10:58 ] [ 編集 ]
なかちゃんさん

赤ちゃんの心拍数が高くて、帝王切開だったのですね。
でもお互い無事に生まれてきてくれて、本当に
なによりでしたよね。

> ナースや麻酔師から「へ~、朝からそんなに
> お腹すいてたの?!?!」って言われ
> 笑われましたょ。

なかちゃんも同じ経験をされていたのですね!
なんかちょっと親近感&やっぱり私だけじゃなかったのねと
安心しました。
[ 2009/05/10 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。