妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次男坊の出産ストーリー ③ 

さて、手術室に移されると、すぐに麻酔師に背骨の下辺りに麻酔を打たれる。ここに麻酔を打たれるのは今回で3回目。1回目は息子の時の無痛分娩、2回目は今回の子宮口を縫った(頸管縫宿術)とき。1回目は通称「エピ」と呼ばれる麻酔薬。2回目のは何だったか??いーかげんで、すみません。配偶者がいなかったため、正確な英語を聞き取れませんでした。

そして今回、打たれたのも2回目のと同じ奴!

、、、、だったのですが、何度打ってもらっても、痛いっ!全く効かない!!

背骨をゴリゴリと注射針が刺激するという痛みだけ感じて、全く刺した部分から感覚が麻痺するというのがない!麻酔師に何度も注射をされ、その度に痛みを我慢するものの、ついに耐えられなくなり、うめいてしまった私。

焦る麻酔師。

「彼女は頸管縫宿術のときに同じ麻酔薬を使っているんだから、効かないのはおかしい!」という声が聞こえてくる。

おかしいのは私じゃなくて、あなたの腕だと思いますけど?!

(ちなみに今回の麻酔師は前回の人とは別人)

結局、何度やってもうまくいかず、私の痛がり方がひどいので、無痛分娩で使う「エピ」を使うことに。そうして私の下半身の感覚がなくなり、やっと麻酔が効いたのでした。この「エピ」を打つときに、「後で震えがくると思うけど、それはよくあることだから」と説明を受け、前回のお産でも1時間ぐらい震えが止まらなかったことを思い出す。

でもこれが、今にして思えば余計なことだったんだよなぁ。もちろん、それを説明する義務があったんだということは重々、承知してるんだけど。。。。ちなみにこのときに時計をみると、麻酔だけで30分以上かかっていた。

とにかく麻酔が効いたことにより、やっと配偶者が手術室に入れることになり、安堵した私。

すぐに下半身が私の視野から遮断されるようにカバーがかけられ、手術開始。

麻酔が効いているはずなのに、お腹の辺りが器具で引っ張られる感覚がある!げっ、麻酔、ちゃんと効いているの?!でも、もうお腹は切っているはずなのに痛くはない。き、きっと大丈夫。

で、でも震えがあるかもって言われていたのに、それもないんですけどぉ。も、もしかして麻酔の効きが弱くて、手術中に切れちゃう?!

この時点で、かなりパニックに陥る私。(今思うと、麻酔師への不信感から、すんごくナーバスになっていたんだと思います)

とにかく落ち着かないとっ!すぐそばにいる配偶者へ怖い!と訴えたい気持ちをぐっと抑えて、とにかく落ち着かなければと、何度も何度も深呼吸。今、ここで私がパニクったら、危ない! 頭は冷静なものの、心臓はバクバクいっているのが聞こえるかのようだった。

「きっと大丈夫、もうすぐ手術は終わる!」

それだけを念仏のように胸で唱えて、とにかく1分でも早く手術が終わるのを祈った。

そして遂に、元気な泣き声が聞こえたのだった。


続く
スポンサーサイト
[ 2009/05/02 17:21 ] 【2人目出産のお話】 | トラックバック(-) | CM(8)
え~、そんなことになってたんですか!
予想のつかない人工的な痛み、相当怖かったでしょうに。
よく、黙ってやり過ごせましたね、偉い。
私なら即効、夫に不安を訴えてジタバタしたと思います。

読んでいてハラハラしちゃいました。
無事に終えたとはいえ、続きがとっても気になります。
[ 2009/05/03 01:38 ] [ 編集 ]
ハラハラドキドキーーー!
術中の気持ちが分かりますわ~~。
自分の時のを思い出しちゃいました。

私は麻酔を刺す針の痛みも感じないほど、上手な麻酔士さんでした。

麻酔が効いているのに、お腹を切ったり広げたり、赤ちゃんを取り出されたりする感覚がちゃんとあるのが、とっても不思議ですよね。
[ 2009/05/03 10:39 ] [ 編集 ]
私も同じように不信に思うと思うわ。。v-12。。怖かったね。。でも、終わったよー。お疲れ様v-10
[ 2009/05/03 17:39 ] [ 編集 ]
あ~、わかるよ、わかるよー。
私も帝王切開の麻酔を打ってもらって手術室に入って、下腹部を触られるとその感触が分かるもんだから、近くに居た看護士さんに
『あの~、これって麻酔効いているんですか?触られると感じるんですか・・・』
って聞いちゃって(笑)
そしたら、
『大丈夫、大丈夫』
って言ってくれたので安心できたけれど、私のときは両腕とも自分でコントロールが全く不可なくらい震えちゃって、看護士さんと旦那に押さえてもらってました。

麻酔師さん、私のときも結構厳しい感じの人でした。
そういう人が多いのかなぁ・・・??たまたまそういう人に当たっただけかな?
[ 2009/05/03 22:50 ] [ 編集 ]
ちょっぺさん

> 予想のつかない人工的な痛み、相当怖かったでしょうに。

お察しいただけて、ううっ。今となっては、思い出話で済みますが、
あのときは本当に怖かったなぁ。

> 私なら即効、夫に不安を訴えてジタバタしたと思います。

私の場合、英語で説明するのが面倒っていうのがあったかも?!
日本語がわかる人なら、思いっきり訴えていたかもしれません。
[ 2009/05/11 17:59 ] [ 編集 ]
ゆいとマミーさん

> 私は麻酔を刺す針の痛みも感じないほど、上手な麻酔士さんでした。

う、うらやましいっ!!3回ほど麻酔を受けましたが(どれも違う人)、毎回、
刺されるときが一番、痛かったです。><・

> 麻酔が効いているのに、お腹を切ったり広げたり、赤ちゃんを取り出されたりする感覚がちゃんとあるのが、とっても不思議ですよね。

ホントに。全身麻酔(他の手術の際に経験済み)だと意識もないからわからないんでしょうけど、部分麻酔だとそうはいかないんだなぁと今回、はじめてわかりました。
[ 2009/05/11 18:02 ] [ 編集 ]
awaさん

> 私も同じように不信に思うと思うわ。。。怖かったね。。でも、終わったよー。お疲れ様。

かなりビビりましたが、とにかく無事に生まれました!&終わったよー。労いの言葉、ありがとう~。
[ 2009/05/12 12:04 ] [ 編集 ]
だがね~さん

わかってもらえますか!あの感触というか、あのときの気持ち!

> 『あの~、これって麻酔効いているんですか?触られると感じるんですか・・・』
> って聞いちゃって(笑)

私からすると訊いただけ、エライ!ですよ~

> 麻酔師さん、私のときも結構厳しい感じの人でした。
> そういう人が多いのかなぁ・・・??たまたまそういう人に当たっただけかな?

ねぇ?どうなんでしょう??他の麻酔の人は感じ良かったんだけどなぁ。
[ 2009/05/13 20:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。