妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次男坊との長い1日 その2 

一旦、家へ帰って仮眠してすぐに病院へ行くつもりだったけど、起きれなかった私。。。。

帰ってきてからテイクアウトの夕飯を食べ、シャワーを浴び、明日の晩のご飯の下ごしらえ(朝、スロークッカーにセットすれば、夕方には出来上がっているという簡単料理)をし、ベッドへ横たわったのは夜の11時過ぎ。心身ともに疲れているはずなのに、やはりすぐには寝付けず。

目覚ましを朝の5時にセットするも、のろのろと起き出せたのは6時ちょっと前。超高速で身支度を整え、病院へ着いたのが6時半ちょい過ぎ。ICU(集中ケア室)へ入っていくと、もう手術をしてくれた次男坊の担当ドクターが来ているではないか!!早っ!!

すでに次男坊の様子をチェックしてくれており、すべて順調とのこと。集中ケア室専属医師がOKを出したら、今日、退院できるとのこと。処方箋と担当ドクターの緊急連絡先をもらい、次男坊のベッド脇に付き添う私。

ここには20ものベッドがあり、どれも皆、病気の子供で埋まっている。よくみるとベッドやベッド脇には家族の写真が貼られていたり、お気に入りのおもちゃや本などが置かれており、入院生活の長さをうかがわせるような子ばかり。。。。。

1日入院だけで退院できる次男坊なんて、全然いい方です。手術はしたものの、軽く済んで本当にありがたいってなもんですよ。

今朝、次男坊へ会いに行く前に通ったDay Care Surgery (日帰り手術室)前の一時待合室には朝6時半だというのに、既に4組くらいの家族が待っていたんですよ。置かれていた椅子の数が足りず、廊下に立って待つ人もいるくらいでした。カナダでは手術を待つ人は多いのに、医師や入院ベッドが明らかに不足しているんです。

病院から出るときは、皆、元気になって笑顔で家へ帰って欲しいと心から思いました。

話が飛びまくりで、すみません。今回のことで私なりに色々と感じ、思うことがあったので。

昨夜の次男坊の様子を担当してくれたナースに訊くと、特に問題はなかったそう。ただ置いていった母乳が1本残っていたのが気になる。

案の定、ナースからおっぱいをあげてみてと言われて、おっぱいをあげるものの、飲みが悪い。。。。

きっと昨日のことで胃が小さくなってしまったんだ。それにまだ術後ということで、体も本調子ではないのかも。

途中、家で息子と待っている配偶者へ電話をしたり、薬局へ行ったり、自分のコーヒー休憩のため、一旦、集中ケア室を出る。

病院内の薬局でドクターから処方された4種類の薬が手に入れば、かなりの時間のセーブになったんだけど、あいにくここには置いてない薬があったため、退院後に違う薬局へ行くことに。その薬局で1時間以上も待たされる、、、というオチあり。しかも領収書をくれなかったので、翌日に取りに行くハメに。。。とほほほ。

戻ってまたおっぱいをあげていたら、集中ケア室の医師が、研修医らしい若者をぞろぞろと連れて登場。簡単なチェックの後、退院が許可され、30分後には次男坊を車に乗せて帰り道を運転していた私。今日退院することはわかっていたので、そうと決まれば話は早いってなもんです。

いやー、それにしても2ヶ月の赤ちゃんに薬をあげるのって大変ですね。だんだん回数を重ねる毎に慣れてきたような、慣れないような。←ぶきっちょなもんで

とりあえず次にドクターに会うまで、次男坊の容態が変わらないよう、病気をしたりしないよう自宅でしっかりと看護しなくては。


というのも、まだもう1回、手術があるんです。。。。。


今のところ、今度の月曜日の予定。新生児なので、朝1番の手術でやってもらうようになっていますが、急患やうちよりも優先順位が先!と判断される子供が手術を待っている間に出てきたら、2番目、3番目とどんどん後回しになります。

そうならないことを願い、また次の手術も無事に成功することを心から願ってやみません。
スポンサーサイト
[ 2009/06/26 11:50 ] 次男坊 | トラックバック(-) | CM(4)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/06/27 21:16 ] [ 編集 ]
りのっちゃさんの謙虚で前向きな態度に頭が下がる思いです。私も出産してすぐに息子が同じ病院に入院しましたが、周りを見て考える余裕なんて全く持ち合わせていませんでした。

次男坊君の早い回復を心から祈ってます。
[ 2009/06/28 10:47 ] [ 編集 ]
ずーっと気になってました。連絡もせずごめんなさいね。
次男坊君の手術が滞りなく済んで、本当に良かったですね。私もほっとしています。

日記を読んでいて、私まで涙ぐんでしまいました。りのっちゃさんの母としての気持ち、旦那様、息子君の頑張る気持ちも考えるとちょっといたたまれない気持ちになってしまって。でも、次男坊君をはじめ、みんなそれぞれに健気に頑張っているんですね。いつものりのっちゃさんの前向きな気持ち、行動には感心していますよ。
2回目の手術も無事に済んで、早くまた普段どおりに遊べる日を私も心待ちにしています。
りのっちゃさん自身の身体も大事にしてくださいね。
次男坊君、お大事に!
[ 2009/06/28 14:21 ] [ 編集 ]
志乃さん

お見舞いメッセージをありがとうございました!

> りのっちゃさんの謙虚で前向きな態度に頭が下がる思いです。

全然ですよ!とにかくビビリで根暗なところがあるので、良い方に考えないと
どんどんジメジメしていってしまうんです。。。。
[ 2009/06/30 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。