妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェリー・ターミナルでの「ありえない!」出来事 後編 

気をもたすようなたいそーなタイトルを付けておいて、後編を書くのがと~っても遅くなったことをお詫びいたします。

更に!顛末を書く前に タイトルが大げさな ことをお詫びしておきます。

(読んで、がっかりしないでね~)

乗船料金を支払って、指定されたレーン(列)へ行こうとすると、何とおじさんの車を追い越してしまったではないか!

そう、おじさんはもうひとつ違うレーンにいたんですね。おじさんレーン10、私レーン11。おそらく私たちの間には5、6台の車があったと思います。(他にも料金所がいくつかあったため、こういうことが起きた)

着いてしばらくは寝ていた息子たちだが、暑さもあって駐車してからすぐに起きてしまった。息子は外に出たがるだろうと思っていたのに、運転席で運転の真似事をするのが楽しいらしく、そこで1人でご機嫌に遊んでくれていた。

車に戻って下さいというアナウンスがあったので、おじさんは自分の車へ戻ったが、おばさんは私が大変だろうからと私の車に子供たちと一緒に残ってくれた。

車が乗り込み始め、おじさんの車も通り過ぎていく。

通りすがりに、

おじさん「もしも乗れなかったら、向こうで待ってるから~」

私「そのときは、送っていくから大丈夫よ~!!」

と冗談を交し合い、いざ私たちの番。


番!!


だよね?!え?何、私の車の前に置かれたその3角ポール。

え?!まさか???


、、、、、、そう。乗れたのは私の前の車まで。


ありえないっ!!


と(心の中で)シャウトしてしまった、そのときの私の心情をお察しいただけるだろうか??


今から思うと、料金所で一言、「前の車と一緒です」って言っておけばよかったんだよな。車を誘導していたおじさんに「連れの車がすでに乗ってるんです!」って訴えたとき、「早く言っておいてくれてれば、どうにかしたのに」と言われたのです。

まさか別々のフェリーになるなんて、思ってもみなかったので、これは大誤算でした。
(all or nothing で、予定のフェリーに乗れるか、もう1本遅いのになるかしか頭になかった)

でも不幸中の幸いで、とにかくフェリーに乗るときに、おばさんがいてくれて、とーーーーーっても助かりました。これでおばさんが向こうの車に乗っていたら、本当に笑い話ならぬ、大悲劇!!

ブログのネタとしては面白いけどね。やっぱり当事者としては、そんなおっそろしいことは避けたいわけですよ。

案の定、息子はフェリーのあちこちを歩き回り、いっときもじっとしていない。階段の上り下りも何度つきあわされたことか。。。。

だっこの要求も多かったので、ただいま首と腰を痛めております。

結局、40分遅れのフェリーに乗り、おばさんを我が家から30分くらいある自宅へ送り届け、私の長い1日は終わったのでした。ま、事故もなく帰ってこれて本当に良かった、良かった。
スポンサーサイト
[ 2009/07/14 19:23 ] 日常のあんな、こんな | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。