妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

前歯の抜歯手術 

おかげさまで無事に次男坊の歯の手術が終わりました。術後も良好で、夜に少し痛みを訴えただけで翌日からは歯茎の腫れも大分ひいて、本人も元気そのもの。


次男坊はかなり活発な上に目が悪いこともあり、小さな頃からよく転んでは顔面打ちをしておりました。

1歳半くらいのころにやはり顔を強打したため、上の前歯が欠けてしまい、その後はずっと要観察。ただ歯医者に連れていっても、本人が嫌がってなかなか口を開けず、ちゃんと歯医者さんにみてもらうことが出来ずにおりました。そして最近になって上唇の後ろに隠れた歯茎に口内炎のようなものを配偶者が発見し、念のため歯医者へ連れて行くと「炎症を起こしているため、歯を抜かないといけない」と宣告され、スペシャリスト(専門医)にまわされることに。。。。

専門医へは私と配偶者2人で臨みました。(まだ私より配偶者の言うことをきく次男坊)

前々からこの予約がどれだけ大切なものか優しく根気よく何度も説明し、終わったあとに普段我が家では滅多に与えない甘いおやつ(アイスクリームとドーナッツ)をあげるよ~~とご褒美をちらつかせて、何とか無事に専門医の診察が終了。

やはり炎症がひどくしかも広範囲なため、このままほうっておくと永久歯に影響が出ると言われ、全身麻酔の手術で抜歯することに。ついでに今回の診察で撮れなかった奥歯のレントゲンも手術の際に撮り、虫歯があればその虫歯の治療もついでにすることに。

そして数日後に手術日の連絡がありました。

最初に行ったかかりつけの歯医者さんに診てもらってから、手術まで約3週間。なんにつけスペシャリストに会えるまで長く待たされるバンクーバー。今回は割と早く予約が取れたラッキーなケースだった気がします。

歯茎の内部にひどい炎症があるものの、幸いにも次男坊が痛みを訴えることなく手術の日を迎えられたのが個人的には一番ラッキーなことだったと思っています。

配偶者はなんの根拠もなく「大丈夫!」と連発していましたが、私はいつ痛いと泣き叫びだすかと、手術の日がくるまで実は気が気ではなかったのです。


そして、もちろん手術にはものすごい請求がっ!!



配偶者の会社の加入している保険では残念ながらほとんどカバー出来ず、


自己負担額 $1,500 (約14万円)


これはあくまでも見積もり(しかも先払い!)。追加費用が発生した場合の支払いに同意するという同意書にも署名をさせられ、追加費用がどんだけになるか、ドキドキしながら待っているところ。


というのも、意外と虫歯が多かったんです。。。。


歯と歯の隙間がほとんどないくらいびっしりで、その歯と歯の隙間に小さな虫歯があちこちとあったそうで。。。。。


フロスをサボっていたのが悔やまれますが、逆にこの機会に一気に治療できたのだから良しとしよう!と前向きに考えることにしました。次男坊を歯医者さんに診てもらうのは、本当に本当に大変な労力と苦労なのです


ま、なにはともあれ無事に済んでほっとしています。


前歯のない次男坊も笑顔にもすぐに慣れましたしねっ!!
スポンサーサイト
[ 2013/06/26 20:18 ] 次男坊 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。