妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1人、アメリカへ 

タイトルどおりなのですが、初めて1人で車を運転して、日帰りでアメリカへ行って帰ってきましたぁ~!

アメリカまでの運転に自信がなく、「これではいかんっ!!」と一念発起して、去年の秋に初めて、自分で往復して帰ってきたのをきっかけに、これまでに3回ほど自分の運転でアメリカへの日帰りをしたことはあったのですが、いつも同伴者あり。


今回は最近の クラフト熱 (詳しくでもないですが、どんなクラフトなのか興味ある方は、こちらをクリック)の高まりを抑えられず、まだ1度も行ったことのないアメリカにあるクラフト・ショップへ行きたかったのですっ!!


広い(であろう)店内をゆっくり見て廻るには、同伴者がいないほうが気兼ねせずに済むと思い、学校の3連休(金曜日が休み)に合わせ、配偶者とこどもたちが配偶者の家に里帰りしていることをいいことに前日に急に思い立ってアメリカへ行くことに。


でも1人で行くと怪しまれないかな??と妙なところで心配性な私。今までにも1人で行けるチャンスは多々あったのですが、実行には至らずという過去あり。


しかも初めて行く平日(金曜日)。今までは週末にしか行ったことがない


国境での混雑を避けるため、いつもは6時に出発するのですが、平日だから空いているはず~と余裕をこいて、7時10分に出発。



はい、私が甘かったです。



今回は滅多に使わないルート(トンネル)で行ったのですが、トンネル前で大渋滞。国境に着いたら、着いたで長蛇の列~。


国境では1時間弱待ちました。ちーん


暇な車内で観察していたら、結構、こどもを連れた家族づれが多かったです。やはり考えることは皆、一緒だったか。


あとアメリカに着いてからも、そこかしこで、間違いなく就学児であろうこどもを見かけたので、もしかしたらアメリカ(私が行ったWashigton州)の学校もお休みだったのかも。まさか全てがカナダ人ではあるまい。それくらい大勢、見かけたのです。



さて、今回の買い物のメイン。お目当てのお店が、こちら。Jo Ann です。アメリカで広くチェーン展開しているお店らしいです。教えてくれたお友達のMさん、サンキュ!です

IMG_3663.jpg


さすがアメリカ!品揃え、種類の多さ、値段の安さの三拍子揃ってましたっ!!まさにお見事っ!!といった感じ。少し値段が高くなってもいいから、カナダにも出来てくれ~~~

特に生地が豊富で、カナダでは見ないようなデザインを沢山見かけました。そしてほとんどがセールになっており、安いっ!!


あと行くつもりなかったのですが、通りがかったので最後に寄った Michael's 。ざっと見、品揃えはほぼカナダと同じ。でもお値段は10~20%安かったように思います。


IMG_3682.jpg


実はカナダに戻ってから、同じ日にカナダの Michael's にも寄ったのですが(どんだけクラフト??)、同じ商品でも$2ほど高くて、びっくり!!あとアメリカにあった物が置いてなかったりして。(たまたま売り切れだったのかもしれませんが)

カナダの Michael's は割引クーポンを乱発しているので、かなり面倒ですが、それを賢く使うのが手かな。 このクーポンについては、また別の機会を作って説明させてもらいますね


まだまだ書きたいことは山ほどあるのですが、長くなったので、今日はこの辺でドロン!!!





スポンサーサイト
[ 2013/10/25 21:43 ] おでかけ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。