妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タオル美術館 

一部で有名な(?!)タオルへの無料名入れサービスをしてくれる、タオル美術館

日本へ一時帰国中に偶然にもこのお店を見つけて、子供の名前を入れてもらうことに!

息子は英語名と日本語名の両方を持っているため、ひとつは英字で英語名。もうひとつには、ひらがなで日本語名を入れてもらいました。友達を待たせていた都合もあって、息子の分と最近出産したばかりの友達の赤ちゃんの分しか購入しなかったけど、タオル自体も手ごろなお値段だったので、後から、あ、この子にもあの子にもお土産で作ってきてあげればよかった~と悔やんだ。ちゃんと前もってお土産リストを作っておけばよかったんだよねー。

出来上がりに2週間ちょっとかかったものの、かわいいラッピングに1枚ずつタオルを入れてくれて、大満足の出来!タオルの種類も豊富で、名入れの文字はもちろん、字体、色、大きさ、刺繍の位置も選べます。タオルの質も良いように思います。

IMG_7773_convert_20080616143751.jpg


また日本へ帰ったときには、家族全員分の1セット(バスタオルなど一式)を全て名前入りで作りたいかも!(←おい、いくらかかるんだ!?)
[ 2008/06/15 21:48 ] 日本滞在記 2008年 | トラックバック(-) | CM(0)

JAL のファミリーサービスを利用してみて 

自分と友達の感想や体験談を合わせた上で、のっけから感想を言うと、やっぱりそのときのスタッフ、混み具合、ヘルプを必要とする人の数によって対応が違うんだなぁ~というのが感想です。

まずバンクーバー空港では、ゲートまでのヘルプは必要か?と聞かれたのですが、所定の時間に集まる必要があるらしく、私は見送りの人もいたし、時間の制約があるのが面倒だったため断りました。息子はこちらで購入したアンブレラ・ストローラーに乗せており、このストローラーもゲートまで利用する旨、また成田へ着いたら*すぐに使用したい*旨を伝えておきました。

*行き帰りとも、ストローラーは機外ですぐ使いたいというとそのように取り計らってくれます。そういわないと他の預け入れの荷物と一緒に、ターン・テーブルでの受け取りとなります。これも機内の混み具合によっては、預け入れ荷物の方へ一緒に預けてくれと言われることがあるようです。

バンクーバー空港では特にサービスはなく、さてさていよいよ機内。

チェックイン時に聞いたときの空き具合は空席100席ほど。3/4が埋まっている状態。
この日は我が家を含め、なんと8人もの赤ちゃんがいたとか

話は前後しますが、そのためかどうかわかりませんが、チェックインのときに座席の変更をやんわりと勧められました。当初、ベビー・ベッド(バシネット)を予約してあったのですが、悩んだ末に変更を承知し、4人掛けの席を使わせてもらうことになりました。

離陸してシートベルト着用のサインが消えるまで席のない2歳以下の子供は、親のひざの上で抱っこしていなければなりませんが、その後は自分が通路側に座り、内側の2席の肘掛けをあげ、そこに子供を寝かすことができました。息子が飽きてきたら、左右をブランケットで固め、背もたれによりかからせて、お座りさせて遊ばせることもできたので、結果、大満足の座席変更でした。

行き帰りの機内のどちらでも、おもちゃ1つとかわいいポーチに入った離乳食のセット(要事前予約)をもらいました。やったね!

IMG_6839_convert_20080602042715.jpg

(個人的には写真手前に写っている、飛行機の形をしたスプーンが一番嬉しかった。お気に入りで毎日、使っている)

おむつはリクエストしてあったのですが、行きの便ではもらえず、帰りの成田からのフライトでは着席した途端、フライト・アテンダントの方がおむつ2枚(私のときはGENKIのおむつ)入った袋を持ってきてくれました。

友達から聞いていた、フライト・アテンダント同士が連絡を取り合って、オムツ替えの台のあるトイレの空き状況チェック、トイレまでの誘導というのは、行きも帰りもなし。その代わり、こちらの利用に気がつくと、さっとトイレのドアを開けて、ベッドを出してくださった方も!

帰りの便は満席に近かったので、やむをえなかったかも。しかも行き同様、かなりの数の赤ちゃんが同じ便に乗っていました。空港勤務の友人によると最近はこちら発の便より、日本からの便が断然、混んでいるとのこと。なぜなんだろう??

成田へ着いてからは、ストローラーが出てくる都合上、一番最後に降りることに。既に数名のスタッフと同じようにファミリー・サービスを受けている方々が待っていました。このときは我が家を含め、3組の子連れと、スタッフが2名。私の預け入れの荷物が、どでかいダンボールとスーツケースだったため、スタッフの1人が到着出口を出た先にある宅配所までカートを押してきてくれました。

機内持ち込みにした大きなリュックをしょって、息子を乗せたストローラーを押すだけで精一杯だった私にはこのサービスが一番嬉しかったです。
[ 2008/05/30 11:13 ] 日本滞在記 2008年 | トラックバック(-) | CM(2)
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。