妊娠・出産・育児 in Canada

バンクーバーでの育児(男の子2人)を中心に何気ない日常を、気ままに綴っています。 、、、、、、ダメ母ですが、何か??

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【2人目妊娠】 性別がわかったなり~ 

少し前の話になりますが、クリスマスを目前に控えた22日にウルトラサウンド(超音波)を受けてきました。この日は配偶者も休みだったので、息子と3人で行って来ました。場所は、BC Women's Hospital。予約の時間10分前に着いたんだけど、いつもの受付はしまっているし、待合室には誰もいなくて、がら~んとしていて、一瞬、日時を間違えたのかとうろたえてしまった。

とにかく人のいる方へ行ってみると、ぽつーーんと1つだけ私のカルテだけが、ラックの上に乗っかっていたので一安心。単にこの日、最後の患者だったのね。

おかげさまでお腹の子の成長具合は順調とのことで、無料で3枚の写真ももらえました。(ラッキー♪)本当は有料($10)なのですが、ももう支払いするところも閉まっていたので、技師さんが気を利かせてくれたのかも。(すばらしいっ!!)

ウルトラサウンドを撮った翌週に専門医との予約があり、赤ちゃんの心音を聞かせてもらったりの検診を受けました。そのときに思い切って、赤ちゃんの性別を訊いてみました!!

ここでの公表は生まれるまで控えますが、お友達の方で知りたい方へはお知らせしていますので、会ったときにでも直接、訊いてくださいねー。
[ 2009/01/02 17:05 ] 【2人目妊娠のお話】 | トラックバック(-) | CM(17)

【2人目妊娠】 まずい、風邪かも 

先週の金曜日に初雪が降ったバンクーバー。金曜日の雪は積もらなかったのですが、日曜日の朝方に降った雪で、私のエリアで約5cmほど積もったでしょうか。義理の両親が住んでいるバンクーバー・アイランドでは40cmほど積もったそうです。う~ん、素敵★

どうせ週末に家篭りするなら、これくらい降って欲しいわ~と思う私。

ぬくぬくとした家の中で窓の外にしんしんと降る雪を眺めながら、暖かいホットチョコレート(ココア)でも飲みながら、ぼーっと(←これはかなり幻想というか、私の希望。元気いっぱいに動き回る息子がいたら、ぼーっとする1人時間なんてもてませんわっ!)するの。うひょっ!

でも翌日の出勤の大変さを考えると、「いやいや、やはり積もらんで欲しい」っていうのが正直なところかも。

おかげさまで16週を過ぎたあたりから悪阻が楽になってきたと感じはじめ、17週に入ったころには、味覚がまだおかしいというのは残っていたものの、ほとんど気持ち悪さがなくなりました。そしてただいま、18週。

ただね、どうも風邪を引いたらしく、今、喉をやられております。声、ガラガラ。

息子も咳が出るし、鼻水垂らしてるしで、どうやら息子からもらってしまった模様。いやいや、真犯人はつい2日ほど前から風邪っぽいって言っていた配偶者かも。

妊婦に風邪をうつすとは、許せ~ん!!
[ 2008/12/15 15:32 ] 【2人目妊娠のお話】 | トラックバック(-) | CM(0)

【2人目妊娠】 初、胎動! 

のっけから何ですが、お恥ずかしながら、どちらかというと日ごろから便秘気味な私。白米から玄米に替えてから調子が良かったのですが、息子に玄米はちと早いと思い、白米にまた切り替えてしまった我が家。(玄米の無農薬に出来ればいんですが、かなり家計に痛いお値段なので、断念しております)

さてさて、16週と3日にして初の胎動を感じましたよ!

その前にもこれは胎動?というのがあるにはあったのですが、お腹のガスかも、、、、という疑いもあり(あ~、情けない話だねぇ)、確信に至らず。でも昨日と今日はこれ絶対!間違いなしっ!!という力強い胎動を何度も感じて、喜びもひとしお!です。

さぁ~、今日も仕事をがんばるぞっ!!
[ 2008/12/05 11:13 ] 【2人目妊娠のお話】 | トラックバック(-) | CM(0)

【2人目妊娠】 2回目も、自宅安静か?! 

15週に入り、悪阻も楽になるかと思いきや、まだまだしぶとく続いております。前回は16週ちょっとで終わったので、それくらいにまた終わるかな?とほのかな期待を抱いているのですが、どうなることやら?!

前回書いた手術ですが、結局、13週になってから受けることにしました。日本では10日ほど入院するようですが、こちらは当たり前のように日帰り。おかげさまで心配していた流産もなく、経過は良好です。

、、、、、、だったはずなのですが、今日、受けてきた診察で、縫ったところがゆるくなっているので、再手術が必要かもしれないと言われてしまい、相当、びびっている私です。今回はいつもの先生がお休みだったため、代わりの先生が診てくれたんですが、いつもの先生が戻り次第、相談の上、追って連絡があるとのこと。

そんな、そんな、そんなぁ~~~~~~~っ!!!

またドクター・ストップ?!

職場にもまた迷惑かけるし、第一、どんどん活発になっていく息子の面倒はどうするんだよう~。しかも、あわよくば次も産休手当をもらいたいと思っていた私。パートタイムの今の時間数では、出産予定の前月まで働かないとその時間数に達しない。それに2人生んだ後では職場復帰もかなり難しくなる(下手すると何年も出来ない!)ので、なるべくギリギリまで働きたいと思っていたのに~。

はぁ~。再手術かもって言われただけなんだけど、妊娠中に関しては前回も含めいつも何かしらの問題が持ち上がるから、なんかマイナス思考になりがち。これもホルモンのせい?!

とりあえず連絡を待つしかない。、、、、って私の予想では、電話はかかってこないだろうから、こちらから下手な英語で電話する羽目になるんだろうな。

、、、、、ってまたNegativeになってるよ!いかん、いかん。

赤ちゃんの心拍を聞かせてもらって、うるさいくらいの力強い音だったことを思い出して、この子のためにも、ストレスや不安を抱えず、ゆった~り過ごさねば。

とりあえず、忘れておきます。 ←はい、解決!

=============

後日談 ー 結局、電話がなかったので、こちらから電話しました。折り返すと言われて、また3日以上も連絡がなかったので、電話したら、受付の人に「先生が直接、電話したとばっかり思っていた!」と謝られました。(なかったよ~)でも、おかげさまでちゃんと大丈夫という説明が聞けたので、ほっとしました。あとはクリスマス前のウルトラサウンド(超音波)と先生の検診を待つばかり!性別がわかるといいなぁ~。
[ 2008/11/27 17:32 ] 【2人目妊娠のお話】 | トラックバック(-) | CM(0)

【2人目妊娠】 <9週目> 

実は前の妊娠は、トラブル続き。。。。。

そして今度の妊娠も、妊娠がわかり次第すぐに専門医(スペシャリスト)に会っている。というのも前回、出産の後に会ったときに「次、妊娠したらすぐに会いに来て」と釘をさされたからである。

私は産道に当たる子宮頸管が、妊娠してなくても短いのだ。

前回は妊娠途中で短いことがわかり、その途端にドクターストップがかかり、仕事も辞めざるを得なかった。出産後に長さを測ったら、もともと短いことがわかり、次を妊娠したときは要相談とあいなったわけです。

産道が短い=早産の恐れ

というわけで、何か対策を講じないと、かなりマズイわけです。(しかも前回は、これ以外にもトラブルがあった)

今回は上に子供がいることもあり、子宮口を縫う(頸管縫宿術)ことを薦められました。縫わないで自宅安静だけでも大丈夫かもしれない。この選択は、専門医から私たち夫婦に任されたのでした。。。。

う~ん、どうしよう。

念のため、ファミリードクター(担当医)の意見も聞いてみたが、ドクターは「(縫うことは)悪い選択じゃないと思う」と言われた。

縫うのに全く何のリスクもなければ、悩まずに受けるのですが、縫うことによって子宮収縮が起こり、流産になる可能性があるため、迷わずにはいられない。。。。

もうすぐ歩きそうなと~っても活発な息子もいるし、たとえドクターに自宅安静を言い渡されても、なかなか安静になってしてられないだろうし、それなら縫って少しでも不安や心配を取り除いた方がいいのかも。。。。。
[ 2008/10/19 09:15 ] 【2人目妊娠のお話】 | トラックバック(-) | CM(0)
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事+コメント
プロフィール

りのっちゃ

Author:りのっちゃ
息子・・・2007年の秋生まれ。
次男坊・・・2009年の春生まれ。
どちらも早産で、カナダで高齢出産したりのっちゃの育児日記です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。